祇園祭(夏祭り)の概略

臼杵祇園祭は、臼杵市内で行われる最大のお祭りであり、美しい自然と数多くの文化財に恵まれた城下町臼杵にふさわしい伝統行事です。

平成二十年三月二十八日、大分県無形民俗文化財に指定されました。

このお祭りは、稲葉三代藩主信通公が寛永十九年(1642)海添五味浦の馬場に行宮を建て、四代藩主良通公が神輿一基と鳥毛槍五十本を寄進し御神幸の儀を斎行したことが始まりと伝えられています。御寄進の鳥毛槍五十本は、関ヶ原の戦いのおり、当時美濃国上八幡の領主であった稲葉家の戦利品とされ、稲葉家の武勲の象徴とも言うべきこの槍の御奉納に、稲葉家の御崇敬の深さが偲ばれます。

祇園祭が定例祭典となったのは、承応元年(1652)からで、旧暦の六月七日~十五日までと定められていました。(戦後新暦祭日を採用するにあたり七月十七日~二十三日までと改めました。近年神幸祭・還幸祭を日・土曜日に充てるようになりましたが、十七日の御日が含まれる一週間を選ぶことにしております。)
その後、六代藩主友通公の頃から祭礼の規模を広げ、城下八町の山車行列などの催しも始まりました。この山車は踊山車ともいわれ、当時は御旅所前に駐めた山車の上で芝居の奉納も見られました。このように藩と領民が一体となって年々盛大になりつつ次第に現在の祇園祭の型ができあがってきたものと考えられます。

県下では、中津祇園祭・日田祇園祭とともに三大祇園として知られ、多くの観光客が訪れています。

稲葉良通公御寄進の鳥毛槍五十本

稲葉家は元来美濃国の一豪族でしたが、郡上八幡城を太閤秀吉から賜りました。
この城は以前は秀吉に改易された遠藤慶隆の居城でした。
関ヶ原の合戦に際し、旧領奪還の機を窺っていた慶隆は、東軍に通じて八幡城に攻め寄せました。
城を囲む遠藤勢に、稲葉勢は寡勢よく撃退し、この時の戦利品と言われています。

神輿

第一神輿は、健速須佐之男命を奉斎、寛永二十年(1643)四代藩主信通公の御寄進。
第三神輿は、奇稲田姫命を奉斎、正保四年(1647)四代藩主信通公の御寄進。
第二神輿は、大国主命を奉斎、延宝三年(1675)五代藩主景通公の御寄進。

神輿舁の白丁着用は、明和四年(1767)から始まりました。神輿にはそれぞれ神職の外に随従所役が着きます。天正十一年の御動座のおりに随従した、二村・管・飛鷹・蟹の四家がその家筋ですが、現在三家が絶えて、二村家の家筋のみの奉仕になっています。

山車

祇園祭に初めて山車がお目見えしたのは、元禄十年(1697)のことです。山車は道路をそろそろと練って行ったので山練物とも言いました。また、山車に舞台を造り踊りを披露したので踊山とも呼ばれました。

田町・畳屋町・濱町・掛町・新町・唐人町・本町・横町の八町から毎年二町が一台づつ山車を出して、お供しています。

瓢箪冠

御神幸の露払として、寛文八年(1668)に初めて登場致しました。市内諏訪の日高家の先祖が、祭り当日飛入りで、瓢箪をかぶりほら貝を吹いて供奉し、行列の進行がよかったことから慣例となりました。
現在まで日高家の代々の御奉仕が続いています。

浦安の舞

昭和十五年、起源二千六百年の奉祝の際、昭和天皇の「天地の神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を」という御製に、当時の宮内庁楽部楽長多野忠朝氏が作舞・作曲した舞です。浦安とは心の安らかという意味で、平和を祈る心の舞です。
祇園祭の期間中御旅所にて、世界の平和を祈って氏子中の子女により奉納しております。

三輪流臼杵神楽

当社祭典に奉納する三輪流臼杵神楽は、旧藩時代から臼杵地方に伝承してきました。
柴入(式神楽)・入坐・喰持・太刀・正護・四天・柴引・返閇・大神・綱切の十番があり、中でも返閇は、土地の邪気を祓うために独特の足拍子を踏みつつ舞います。「返閇(へんばい)」は、平安時代の宮中行事にもあり、陰陽師が足拍子を踏み土地の邪気を祓う行事とされ、その古風が伝わる神楽といえます。
昭和五十五年大分県無形民俗文化財に指定され、その保存会が祭典に奉仕しています。

inserted by FC2 system